21貯蓄性の高い養老保険

貯蓄性の高い養老保険

あなたがもしもの時のための保障を求めるだけでなく、
「貯金もしておきたい」と考えているなら、養老保険をお勧めします。

養老保険は、亡くなったときや高度障害を負った時に保険金が下りるのはもちろんですが、
健康なまま満期を迎えると、満期保険金が受け取れる保険です。

保険料の掛け捨てに抵抗のある方は多いと思います。
いくら月々の支払保険料が少額であっても、
何年にもわたれば、総額はそれなりの大金となりますよね。

健康であるのは喜ばしいことですが、健康なまま満期を迎えたとき、
やはり掛け捨てで今まで支払った保険料のことを考えると、
「もったいないな・・・」
と思うのは、それほどおかしいこととは思えません。

でも養老保険なら、そのような思いで満期を迎えることはありません。
健康でいて、それでいて保険料が受け取れるのですから、
満期が来るのが楽しみになるでしょう。

簡単に言えば「養老保険は保障を得ながら貯金が出来る保険」なのです。

更にいえば、解約返戻金がありますので、それをもとにした貸付金制度もあります。
急にお金が必要になった時でも、保険を解約しないで資金調達ができるのです。

しかし、養老保険に限らず貯蓄性のある保険全てに言えることですが、
毎月の支払保険料は高めとなっています。

そして手厚い保障を求めればその分支払保険料も高くなりますので、
貯蓄性も下がるでしょう。

また養老保険は保険期間が定まっており、更新はできませんので、
終身保障を望まれる方は、他に終身タイプの保険も必要です。

それでも満期保険金という楽しみがある保険はかなり魅力的ですよね。
保障と貯蓄のバランスを上手にとりながら、
養老保険のメリットを最大限に活かせるようにしましょう。

引用:ブルーベリーサプリランキング@厳選商品比較した結果、おすすめは?

個人事業主として事業を行うには経費はどのぐらい必要となるか

個人事業主は、所得税を自分で算出して申告しなければならず、これによって税金の支払額が決定します。
そのため、必要経費の範囲を把握することで、節税対策をすることもできます。
1年間の収入から必要経費を差し引いた額に対し税率を掛け合わせることで所得税が決まります。
ということは、必要経費を多くなればなるほど、税金の支払いを軽減できます。

●必要経費として計上できるもの
わざわざ言うまでもないかもしれませんが、仕事で使用したものは必要経費として計上することができます。
もし、自宅を事務所として使用している場合、家賃も必要経費として計上できますし、パソコンなどに必要な電気代、トイレなどに使う水道代、インターネットを使用して仕事をしているのであれば、インターネットのプロバイダー料金やその他通信費なども必要経費となります。
また、筆記用具やノート、プリンターのインクなど仕事で使用したものは、ほとんどの場合、必要経費として計上できます。

もし、自家用車を営業のために使用したのであれば、経費として計上できる可能性があります。
そして、自動車を仕事のみに使用したのであれば、全額必要経費として計上できます。

以上のように、必要経費に含められる項目はたくさんあります。
個人事業主として事業を展開する場合、税額はかなり大きくなる傾向にあります。
必要経費の範囲をしっかり把握することで、税金の額をかなり軽減することもできますので、確定申告をするにあたっては十分に検討する必要があります。
参考にしたサイト⇒コレステロール サプリ